三田市立図書館のヤングアダルト棚のブログです。

2019年07月10日

トライやるウィークの生徒さんのおすすめ本

こんにちは、Aです。
今年も5月末から6月はじめにかけて、三田市の中学校から生徒さんたちがトライやるウィークに来てくれていました。
毎年「本が好き!」という子たちが来てくれて、図書館員としては嬉しい限りです。
カウンター・配架・修理など期間中は色々と体験していただくのですが、その中におすすめ本のPOP作成というものがありまして。
生徒さんたちにおすすめ本を1冊選んで紹介してもらっています。
近頃の中学生が何を読んでいるのかを知るいい機会なので、毎年楽しみにしているのですが・・・。
今年はどんな感じかな?

じゃん。令和初年度のおすすめはこれだ!
DSC03134.JPG

M「・・・POP大きくない?」
A「た、確かに。中学生は字が大きいからあせあせ(飛び散る汗)
M「あらキノコの本。毎年いるよね?こういう科学系の本が好きな子」
A「去年は数学が好きな生徒さんがいましたね。今年もバラエティー豊かで楽しい棚ができましたわーい(嬉しい顔)

慣れない作業の連続で、「疲れた〜」バッド(下向き矢印)と言って帰った生徒さんたちですが。
見に来てくれたかな?バッチリ借りられてますよぴかぴか(新しい)

7月中頃まで、本館コミックスコーナーの横にて展示しています。
posted by hondarake at 16:51| 展示

2019年07月02日

毛はケモノのけ・・・モノノケじゃないよ!

こんにちはー。Mです。
6月からのYA展示は「毛はケモノのけるんるんというタイトルでお送りしています。

動物特集ですね!

動物特集と言えば、モフモフ写真集なんかを想像しがちですが、そこはホラ、ヤングなみなさんに読書を勧めるヤングアダルトコーナーだから、読み物を中心に展示しております。

新メンバーも入っての初めての展示入替。
ここはせっかくなので、棚の配置もリニューアルしようかなと思います。
今までYAの棚の両面に展示をしていたのですが、展示がばらけているという意見もあり、片面に集中して展示をすることにしました。
DSC03023.JPG
じゃん。

上段にはホンダラケで紹介している本が。下段はテーマの本を置いています。
展示の本はこの場所で一挙に集中的に見ることができるというわけですね!
なんて効率がいいのかしら!私って天才!!


A「単に場所を縮小したということでは・・・」
M「・・・そういう言い方もある。」


ただでさえエリアの狭いYAコーナーなので、展示に場所を取りすぎると、本来のYA用の本を置くスペースがなくなってしまう!
現在すでに「古典と文豪のコーナー」とか「大きすぎる子のコーナー」が場所を取っています。
そんなこんなで、展示コーナーをコンパクトにしてみた(←認めた)のですが。


ここで大きな誤算が。


展示の本が借りられません!!がく〜(落胆した顔)

展示の棚を縦に3つ取ったのですが、3段目が位置的に低いせいでしょうか、いつもは展示の本はテーマに関わらずさくさく借りられていくのに!


さっぱりすっぱり動きませんよ!


ここで思わずスタッフHにぼやいて相談してみた。

M「YAの展示本がねー動かないんだよねー。展示場所変えたのがマズいのかなー」
H「テーマが良くないんじゃないの?モノノケなんか好きじゃないんじゃないの?」
M「え?モノノケじゃないよ?動物だよ?」
H「モノノケじゃないの?そう書いてあったと思ったけど・・・モノノケのケ?」
M「ケモノのケ!
H「ほら、みんなモノノケだと思って借りないんだよ。」


そうだったのかーーー!


・・・でもそれならむしろ、モノノケの方がヤングは好きじゃないか?
つまり、モノノケだと思って棚にきたら動物だったのでがっかり!
そういうこと?


そんなこと言わないで借りてください〜。
動物の世界も野生の厳しさあり、ほのぼの癒しあり、感動あり、いろいろ取り交ぜております。
新人フラミンゴFが作ったPOPと本もありますからね〜。
もちろんわたくしMやAさんのPOPもあります。
誰が紹介しているのかな?とか想像しながら読んでみるのも楽しいですよ。


しかし。


モノノケの誤解かどうかはともかく、棚の配置については今後試行錯誤しそうです。
どうしたもんかね。


展示は7月いっぱいまでです。
DSC03025.JPG
グッド(上向き矢印)この看板が目印。
posted by hondarake at 09:00| 展示

2019年06月15日

三田学園展示「平成」

F「初めまして。今月からYAに入りましたFです。FはフラミンゴのFです。覚えてもらうために動物を使うのってなんだか商業施設にある駐車場の看板みたいですね……。」

閑話休題(意味は各自、辞書で調べましょう)

三田学園図書委員の面々が展示の入れ替えに来てくれました。
M「男の子ばっかり!? 女の子は?」
委員「今回はちょっと……」
どうやら学生ならではのよんどころない事情により男の子のみでした。


今回の展示のテーマは「平成」。
平成にまつわる本のPOPをたくさん持ってきてくれました。

背景には、夜景の写真を使うもよう。貼り付けて、いざ本の展示!
ところが、
委員「……逆じゃない?」
なんと、夜景の写真、天地がさかさま! 天地無用! 貼り直しです。
貼りなおした背景を前に本が並べられていきます。
DSCN5133.JPG

注目してほしいのは、本棚を飾る花!
なんと、折り紙なんだそうです。切ったり貼ったりせずきれいな花が作り上げられています。
DSCN5122.JPG

完成!
DSCN5143.JPG

M「ここで紹介された本ってけっこう人気ですぐ借りられちゃうんだよねー」
だそうです。みなさん、早い者勝ちですよ!
展示期間は、7月末、だいたい夏休みに入るまでくらいです。


posted by hondarake at 13:10| 展示

2019年05月25日

2か月ぽっつんだった本の話

こんにちは。Mです。

蒸し暑くなってきました。衣替えも間近ですねー。


さて、みなさん。


YAの展示棚は6月に入れ替えをするんですけれど。


入れ替えをするんですけれどー


入れ替えの前に、声を大にして言いたい。



展示期間2か月もあったのに、誰にも借りてもらえなかったよー


何が?
名作本コーナーで紹介した『華岡青洲の妻』です。


ほーら、ご覧なさい。↓
InkedDSC02963_LI.jpg
ワタシ、ずっとここにおるねん。



M「どうして誰も借りてくれないのかしら・・・もうやだ〜(悲しい顔)
A「えー・・・と、ちょっとヤングたちには馴染まない世界なのでは・・・」
M「そうかなー。華岡青洲の偉業を支える妻の献身、素晴らしいじゃないの」
A「???Mさんの紹介文ではそのようなことはプッシュされていなかったような。嫁姑問題とか」
M「それはウラ読み」
A「(なぜ・・・ウラ読みで紹介する・・・)」

ま、嫁姑問題が勃発しているおはなしをヤングたちに紹介しても手に取りにくいのは当たり前。
しかし、それにしても1回くらい借りられてもいいものを・・・。

かつて紹介した『金色夜叉』だってかなーりドロドロな話だったけど、貸出はあった。

今回、リサイクル予備軍の『ぼくはマサイ』なんて予約がつく勢いで借りられたっていうのにさ。


『華岡青洲の妻』完敗ですたらーっ(汗)


展示が終わっても館内にはありますので、(嫁姑バトルが)気になった方は借りてくださいね。


6月からの展示をお楽しみにー。
posted by hondarake at 09:00| 展示

2019年05月08日

こんな人、知ってる?

こんにちは、Aです。すっかり春・・・どころか夏の気配が感じられるようになってきましたね。

さて、YAコーナーも新しい展示をしています。
今回のテーマは「こんな人、知ってる?」

DSC02670.JPG

いろんな人の伝記や生き方がわかる本を紹介しています。
みなさんは小さい頃どんな伝記を読んでいましたか?
最近はずいぶんいろいろな本が出版されていますね!
私が小学生の頃は野口英世やヘレンケラーなど、かなり有名なものしかなかったように思います。今はこどもの本のコーナーへ行くと、戦国武将やスポーツ選手など、表紙もキラキラしたものが多くて羨ましい限りです。

M「ほらほらワタクシのイチオシ、くまモンの伝記もあるわよ」
A「くまモンって・・・え、人じゃない・・ですけど!?
M「まさか伝記になるとはねー。いいじゃないの。頑張りが認められたってことでしょ」
A「新世代のヒーロ―ですねわーい(嬉しい顔)時代の流れを感じるなぁ」

DSC02672.JPG

このあと速攻で借りられました。さすが人気者。

いろいろな人の伝記を読むと、生き方ってひとつじゃないんだなと視野が広がる気がします。
学生のみなさんは、こんな生き方がしたい!と思えるような人に出会えるといいですね。
5月末まで、YAコーナーで展示していますので、ぜひお越しくださいぴかぴか(新しい)

DSC02674.JPG
posted by hondarake at 09:00| 展示