三田市立図書館のヤングアダルト棚のブログです。

2017年05月25日

此処ではない棚の裏話

Mです。異世界トリップ特集もラストスパートに入りました。
展示の本のPOPはみなさんの目には止まると思うんですけど、
棚の後ろの壁や床部分の壁紙も毎回結構考えて替えています。知ってた?
・・・まぁ、前回の私の趣味全開のベルサイユ宮殿の壁紙は結構目立ってたでしょ?
展示の本より壁紙を主張させるっていうのも、ある意味冒険というか新しい試みというか(言い訳)

さて、今回もFちゃんがどっかからゲーム世界風の絵を見つけてきて壁紙にしています。見てみてー。
そしてFちゃんが言うんですね。

F「もちろん、何かフィギュアありますよね?」
M「異世界の?」
F「そう、異世界の」
M「ムーミンの・・・」
F「それは違います」
M「ミギー・・・」
F「それも違います」

なんかむちゃぶりをしてくるので他の物でごまかそうとしたが許してくれません。
何か出さねば!
意味不明フィギュアコレクター(?)として!!


<問1>@〜Bの中で異世界として間違っているものはどれか。

その@
DSC07020.JPG
そのA
DSC07019.JPG
そのB
DSC07018.JPG


A「@はホラー特集の時に飾っていたのでは・・・?」
M「そうなんだけど、このわけのわからなさが異世界じゃない?こんな世界に飛ばされたらどーしよー」
F「そういう異世界じゃないですっ それにAも違うっていったじゃないですか!」
M「だってカワイイじゃない。このおうち」
A「あのーこのBは一体・・・?見たことある気がするんですが」
M「異世界なんだから深く追求しちゃダメ。妖精さんよ?」
F「たけのこ生えてますよ?妖精がいても異世界じゃなくて日本でしょ、コレ」
M「もう。文句ばっかり。具体的に何を出せばいいのさ?」
F「いやだから異世界っぽいやつ。お城とかドラゴンとか?」
M「ドラゴンなんかあるかい。でも空想動物ってことならないことも」


・・・てことで、めでたく棚に並びましたのがコレ。
DSC07016.JPG
A「なんだかぎゅうぎゅうですけど・・・」
M「ペガサスさんの羽が無駄に広がってるのよっ 自信たっぷりだからっ」
F「肩身の狭いユニコーンって初めて見た・・・」
M「やかましいっ 次回はもうほんとにないから!出さないから!!」
F「あ、次の特集ですね。えっと〇〇とか」
M「ないからむかっ(怒り)


ぎゅうぎゅう空想動物が見れますのも5月いっぱいです。
まだの方は是非。
そして何か借りてってください。
posted by hondarake at 09:00| 日記

2017年05月20日

今月の三田学園さん

お久しぶりです。Fです。
三田学園の生徒さんが展示の入れ替えに来てくれたので、ご報告します!

「今月のテーマは?」
「ずばり、です!」

DSC07098.JPG

いつもすぐに本がなくなってしまう三田学園さんの展示。もしかして、空っぽの棚しか見たことがない方もいるのではないでしょうか。大人気です。
そのまま私たちの展示にも手を伸ばしていただきたいものです(小声)
そういう事情があって、生徒さんたちに頼んでみました。

「いつもすぐに本がなくなってしまうので、少し冊数を増やしていただけないでしょうか……」

生徒さん、笑顔で「オッケーです!」と了承してくださいました。ありがとうございます!
これで今月は三田学園の棚から本を借りられる人が増えるぞー!


さて、そんな展示の制作風景を見てみましょう。

DSC07093.jpg

F「・・・・・・。」
生徒さん「・・・・(超真剣)・・・・・・」

ひたすら画用紙から桜の花びらをスタンプで切り抜く生徒さん。
量産されていく花びらを前に、コソコソ話す私と三田学園の先生。

F「・・・何やってるんでしょう?(小声)」
三田学園の先生「・・・何やってるんでしょうね?」

そんな大人たちのざわめきをきいた生徒さん、
「これで文字を作ります」

F&先生「文字っ!?


米粒大の花びらは、

DSC07092.jpg

先生「おぉ〜」

こんな春っぽい看板になったのでした。すごいな、高校生の発想力。



今回の三田学園の展示は今月末までです。いつもは2ヵ月間隔なのですが、今回の展示は1ヵ月で終わりです。展示期間がいつもの半分なので、気になった方は今月中に本館のYA棚へとお越しください。
生徒さんたちもたまーに、「本なくなってるかなー」と偵察に来ているようです。

ぜひ、力作の展示を見にお越しくださいわーい(嬉しい顔)お待ちしています。
posted by hondarake at 09:51| 展示