三田市立図書館のヤングアダルト棚のブログです。

2017年10月17日

三田学園の展示タイトルはな-んですかー?

Mです。
Fちゃんが恒例のバカンスに行ってしまいました。
留守の間にブログを更新しておいてくださいね?いつも私ばかり書いてますよね?と旅立ちに際して無言の圧力を感じたのであわてて書いている次第です。
なんか最近のFちゃん怖いわぁ。
私が先輩なんだけどなー。(←小声)


さて、なんだか余裕をかましていますが、とっくの前に行われた三田学園さんの展示入れ替えを紹介しましょう。
今回の展示のテーマはなんでしょうね?
また、私のココロをずがんと打ち抜いてくれるのかしら?

DSC08346.JPG
おっ これがPOPのようですよ?


私は展示入れ替えの途中から参加しましたので、棚に行ったときはこのような状態で。
DSC08354.JPG
すっからかん。


M 「今回のテーマ何ー?」
F 「なんだか食べ物みたいですよ。あ、Mさんのマツタケ借りました」
M 「おお!これが役に立つ時が来たのか!使いなさい。・・・いや待て。ちょっとキミ」
生徒A「はい?」
M 「なぜマツタケを立て掛けるんだ。」
生徒A「違うんですか」
M 「違うっていうか・・・。普通マツタケは葉っぱに乗せたりとか」
生徒B「あ、わかったー!こういうのですよね?」
M 「そうそう。(ほっ)」


若者の発想に首を突っ込みたくはないが、まさか実物大マツタケを立て掛けて飾るとは思わなかったので、思わず口を出してしまいました。
ちなみに下に敷く葉っぱは「ヒバ」だそうですよ。一つ賢くなったわ。


DSC08369.JPG
さらに秋らしく紅葉を飾ってみたり。




今回ちょっとウケた画像。
DSC08378.JPG
同じ角度で飾り付けわーい(嬉しい顔)



今回は美味しそうな食べ物で壁を飾っています。
完成がこちら。
DSC08383.JPG



M 「あれ?私を打ち抜く展示タイトルがありませんよ?」
生徒C「あーそれは、別の先輩が後日持ってくることになってるんです」
M 「そうなの?楽しみにしてるわ。ところで、マツタケと言えば七輪。七輪フィギュアいる?」
F 「M先輩・・・三田学園の棚にまでご自分のフィギュアで浸食する気ですか」
生徒C「七輪あるんですか?見たいー」
M 「ホラ、生徒は見たいと言っている」
F 「・・・っていうか本当に七輪なんてあるんですかっ?」
M 「あるよー。・・・多分?」


・・・てなワケで、七輪フィギュアを三田学園の棚を応援すべく用意してみました。
ついでにおはぎも飾っちゃえ。
DSC08530.JPG
じゃん。

M 「Fちゃーん、どうしようなんか縮尺がヘン」
F 「・・・おはぎと頭の大きさが同じ・・・」



細かいところは気にしないで、三田学園さんの美味しい棚をぜひご覧くださいませ。


・・・しかし。


展示の入れ替えからずいぶん経ちますが、どうしたことでしょう。

展示タイトルが一向に貼り出されません。

後日やってくるはずの先輩はどうしたのかー


ちょっとー
三田学園の図書委員さんたちよー
忘れてないかい???
posted by hondarake at 11:20| 展示

2017年10月02日

こわれかけのラヂオ

こんにちは。Fです。もう秋ですねー。


突然ですが、さる9月某日、ラジオ関西に出演させていただき、ホンダラケの紹介をしてきました。
神戸新聞の記事を見て出演依頼をしてくださったんだとか。光栄です!
Aさんが名作本コーナーで紹介したジョージ・オーウェル『1984年』が褒められて嬉しかったなぁ。

事前での打ち合わせで、(これはブログネタになるぞ…)と思い、ラジオの人に「ほかに何か質問はありませんか〜?」
と聞かれたとき、
「ラジオ出演の事をうちのブログに書いてもいいでしょうか」
とがっついたら、
「・・・ブログまでやってるんですか? なんだかいろいろやってらして、すごい図書館ですね・・・」
と若干ヒかれてしまいました。なんでだ。


さて、出演当日。
電話出演だったので、館長室をひとり占拠して電話をにらむ私。(館長は追い出しました)
いよいよ数分前、周囲の音が入らないように閉めきっていた部屋の扉が開きました。

「!?」

あわてて振り返ると、そこには。

M「やっ手(パー)

M氏・・・なぜここに。

M「緊張してるかなって思ってるんるん

ハッ。
まさか私を心配して・・・!

M「変なこと言わないように見張ってる。」

・・・。
このタイミングで緊張を倍増させるようなことを言うM先輩。
ヒドイ。


そんな時、電話が鳴ります。あわててとります。


『お世話になっております! ラジオ関西です! こちらからお呼びしますので、フリがあるまでそのままでお待ちくださーい』
F「はい! よろしくお願いします!」


受話器を持って待つ私の背後で、何やらワサワサと動く黒い影・・・
振り返ると、つま先立ちで踊るM先輩の姿。

思わず吹き出しそうになるのを必死でこらえつつ、


F「・・・・・・何やってるんですかァァァ!!(小声)
M「なんかね、大きい虫がいるの。つかまえようと思ってちっ(怒った顔) ほら、Fちゃんが集中できるように!」

正直、虫を捕まえようとするM氏の踊りが一番の集中の妨げ。
頼むからやめてくれ! と言おうとした矢先、

『それでは、今日は三田市立図書館YA担当のFさんにお話を聞きます。Fさーん!』


すっごーい! 最悪のタイミング!


その後のことはよく・・・覚えていません・・・

地獄かと思った。


怨みをこめてM氏に送りつけたイラスト↓

DSC08528.JPG


ちなみにM先輩はその後、
なんでよー! Fちゃんのためにやったのに!
とむくれておりました。


もし次、M氏がラジオ出演するときは、絶対背後で踊ってやろうとひそかに決めております。
posted by hondarake at 16:10| 日記