三田市立図書館のヤングアダルト棚のブログです。

2019年03月26日

ダンボール自販機ができた

みなさんこんにちは。Fです。

現在展示中の「図書館の本で作ってみたリターンズ」にちなんで、Mさんがダンボール自販機を作りました。
じゃん。

DSC02592.JPG




F「・・・素手で缶をとればいいのでは?」
M「それは言っちゃダメ」



DSC02593_LI.jpg

このボタンを押すと、缶が下に落ちてくるそう。
「押して押して」と得意そうなM先輩に言われるがまま、ボタンを押してみます。
ぽちっとな!


F「・・・あれ?出てこない」
M「あれ?ちょっと待ってね。えーっと」

自動販売機の背後でなにやらゴソゴソするM先輩。
しかも、

F「M先輩、押したボタンが戻ってきません・・
M「エッ。あれー、ゴムが入っているから戻るはずなんだけどな・・ちょっと待ってて」
F「あっ、ボタン戻ってきた!すごい!ゴムの力!」
M「あ、ううん。私が後ろから戻したの」
F「え、手動?

もはやこれは自動販売機ではなく手動販売機なのでは。

M「はい、もっかいチャレンジしてみて。グイっとね!奥までボタン押しこんでね!」
F「はい!ぽちっとな!」

ごろん。


DSC02594.JPG




F「で、出た〜〜〜〜!!
M「ワ〜〜〜イ!!!ハートたち(複数ハート)
F「すごいですね!本当にダンボールで自動(?)販売機ができました!」
M「大変だったよ〜もうやだ〜(悲しい顔)
F「まあ、ディスプレイの缶と全然違う缶が出てきましたけど・・・」
M「エヘヘ。まあ、そこは、ゆるして」
F「そしてなぜか誕生日を祝われてしまった」


DSC02595.JPG




M「お誕生日おめでとう」
F「全然誕生日じゃないです」


いろいろツッコミどころが多いM先輩の自動販売機。
M先輩が実際に見ながら作った本とPOPと共に、実際に展示しておりますので3月中にぜひ見に来てください。
これを全部1から作ったと思ったら、すごい。尊敬!

F「利用者のヤングたちにもさわって遊んでもらいたいけど・・・無理かな・・・」
M「そうね、残念だけど実際にさわってもらうことはできないわね」


押したボタンが戻らないから。
posted by hondarake at 09:00| 日記