三田市立図書館のヤングアダルト棚のブログです。

2018年01月31日

来月の展示テーマとは?そしてAさんにふりかかる受難とは

「今年はブログの更新を週一にするわよ〜!」

なんて言ってたM先輩、既に目標達成ならずですが、先行きは大丈夫ですか。

こんにちは、Fです。



……でも、いっこうにブログを書かないM先輩の事情も分かるの。
ブログってね、けっこう、大変なんです。
ない時間を絞り出して書くしか、ないの。
なのに、
「YAさんみたいに遊んでる暇はないのでー」とか、ほかの立派な担当さんに言われるヤングの我々。
「YA? ……うーん、好きにすれば?」とか、なげやりぎみに館長に言われる我々。

F「新聞出たりラジオ出たり! こんなに頑張ってるのに!! なんで報われないんですかっっ!?」
A「ま、まあまあ」
F「もういい! 私は旅に出る!!」
A「えっ!?」
F「こんな図書館、出てってやるー!!」






M「・・・というコンセプトで、来月の展示は「旅」がテーマです。」
A「そんなコンセプトでしたっけ!? 青少年たちに世界を広げてもらうための企画ではなかったですか!?」
M「逃げ出したいときは荷物をまとめて旅に出るのよ。父さんがくれた熱い思いと母さんがくれたあのまなざしを持って!!!
A「どこかで聞いたことあるーーーー!?!?」

(戻ってきた)F「ええ、まあ、今回のテーマはジ●リだと言っても過言ではないですし」

A「!? え、そうなんですか…?」

M「何しろタイトルがアレだから。」

A「!!? ど、どんなタイトル……なんですか?」
M&F「「おたのしみです。」」
A「こわいです!

F「まったく無意識なのですが、ホンダラケにもジ●リ関連の本を紹介してしまったし」
A「あ、それは見ました。徳間書店に電話されてましたね」
F「はい。タイトルを伝えると、恒例の反応が」
M「どんな?」
F「『……お調べしますので、少々お待ちください(長時間の保留音)……あのー、この本既に品切れになっておりまして、データも……なくって……』

M&A「あるあるある(笑)

M「この反応だけでどのコーナーかわかるってもんよ(笑)」
A「もはや慣れてきましたね」
F「ね(笑) さて、そんなわけで新年一冊目のホンダラケ発行がいよいよ来月なんですけれども。今年の抱負はありますか? 私はあります。」
M「そうそう。私もある」
A「?」
M「せーの」

M&A「今年はAさんを盛り上げるぞー。おー!

A「・・・えがく〜(落胆した顔)!?

F「M先輩はいいんです。アンケートに名指しで指名があるくらいファンがいますから。でも去年まではAさんの魅力をうまく伝えきることができなかった気がして……」
M「そうなのよ。こんなにおかs、……ステキなAさんの魅力が、ヤングたちにいまいち伝わってない気がするのよね」
A「あのー、今おかしいって・・・」
M「(無視)というわけで、今年はAさんをプロデュースしていこうと思います。」
F「上に同じ。現段階ではAさん、ただの敬語のSFの人ですから。」
A「ひどいっ!?

M「不良に絡まれた時、バイクに乗って助けに来てくれそうな女子ナンバーワン!(※当社調べ)」
F「ハーレーの後部座席に乗せて夜の高速を疾走してくれそうな女子ナンバーワン!(※当社調べ)」

A「そのゆがんだイメージはどこからきたんでしょう・・・わたし、気になります・・・もうやだ〜(悲しい顔)

M「そんなハンサムガール、Aさんと」
F「YAのたのしい仲間たちを」
M「今年もよろしくお願いしまーす!」

A「……しまーす…」


Aさん、受難の一年になる予感。
posted by hondarake at 16:43| 対談

2017年09月19日

投稿紹介

F「投稿がたくさん溜まっております」
M「前けっこう紹介したと思ったんだけどなー。まだあったか」
A「まだまだありますよ。今日も投稿の紹介をしていきましょう」


ペンネーム:A〜さん
おすすめの本:元素生活


F「け、健康系の本・・・? この元素さえ取れば超健康☆みたいな??」
M「いや、どっちかっていうと理科的なニオイがするタイトルだろ。こう、ノーベル賞受賞者とかが元素について語ってる感じの」
A「あ、この本所蔵がありますね。持ってきましょう」

・・・

A「ありました。これです」
F「・・・意外だ!
M「・・・意外ね!

全員「かわいい!!!」

M「タイトルだけではやっぱり本ってわかんないわね〜。白いスタイリッシュな文庫で、ゆるい絵がついてます。これは一般書だけど、ヤング向けかも。中身も文章よりイラストのほうが多いです」
A「元素がキャラ化されて、その説明がイラストと一緒に載っているんですが・・・説明もゆるーいです」
F「どれどれ。ベリリウムの説明はっと・・・『才能十分なのに出世できない悲劇のエリート金属』
M「なにそれ、すごく気になる」
F「すごく使える金属なのに、毒性がやたら強いので防護服が必須という理由から活躍できない元素だそうです(笑)」
M「ベリリウム・・・おそろしい子・・・!
A「理系はもちろん、文系からも愛されそうな本ですねわーい(嬉しい顔)
M「(・・・あら? 私の月影先生はスルー? スルーなの?)」

ホンダラケの感想:本が苦手 なんでも読みやすい

F「読みやすいものを紹介してほしい、ということでしょうか」
A「本が苦手なのにホンダラケを読んでくださっているのはうれしいですね」
M「たしかに。紹介してもらった『元素生活』も、文章を読むのが好きじゃない人にぴったりね。もしA〜さんみたいに本が苦手な人はこの本要チェックよー」

F「・・・今思いだしたんですけど」
A「?」
F「前にも、『本を読むのが苦手なので、私でも読める本を特集してほしい』という声があったんですよ」
M「思いだした。短篇とかイラストメインの本があればって話だっけ」
A「考える必要アリですね。A〜さん、投稿ありがとうございました!」
M「んじゃ次」

ペンネーム:Poohさん

F「・・・あの熊では?」
M「その言い方やめなさい」

おすすめ本:プーさん。かわいいしおもしろいから

F「やっぱり」
A「まあ、ある意味当然というか・・・ちなみにお二人はプーさんは読んだことありますか?」
F「『プー横丁にたった家』『くまのプーさん』は読んだことありますー。映像作品とはちょっと雰囲気が違う感じですよね」
M「私も知ってるわよー。あれでしょ? ハチミツでベタベタになって」
A「そうそう、プーさんといえばハチミツ」
M「青いコートの」
F「そうそう、プーさんといえば青い………………青?」
M「バスタブに乗って落っこちてくるクマ」
A「M先輩、それクマ違いです!」
M「あれ?」
F「プーじゃなくてパディントンでは」
M「あ、そっか。Poohさんもよければ読んでみてねるんるん
A「無理やり話題をすりかえたっ!?」
F「あの、ちなみにプーは」
M「記憶の彼方。」

ホンダラケの感想:とてもきれいで、いろんな本があるし次も来たいと思える! 店員の人が親切。近いし、広い!

M「まぁハートたち(複数ハート)うれしい。ベタ褒めじゃない。でも図書館はお店じゃないので私たちは店員じゃなくってよ!」
A「そうですね(笑) 職員、が適切でしょうか」
M&F「(ん? そういえばこれは図書館の感想であってホンダラケの感想が一言もない・・・気がする・・・? 気のせいか・・・?)」
A「Poohさん、これからも図書館を利用してくださいね! お待ちしてますぴかぴか(新しい)
M&F「(Aさん、さすがの器の大きさ!? やはり王妃!!)」


M「さて、今日はこれくらいにしとこうかしら。投稿はまだありますことよ。『私の投稿、登場してない…』というそこのアナタ。焦らない。待つのぴかぴか(新しい)
A「また旬のネタを……」
F「ほらほらお二人とも、ふざけてる場合じゃありませんよ。まだまだ大切なお仕事がいっぱいあるんですからねわーい(嬉しい顔)
A「? なにか急ぎのお仕事でもありましたっけ」
F「いや、来月のホンダラケ作成に決まってるでしょうが。

A「!」
M「!!」

F「もちろん、ちょっとはできてますよね?」

A「・・・」
M「・・・」
F「コラ。そこ、目をそらさない。」
M「だ、だいじょーぶよ。まだ時間はある。」
A「そうです、まだ月初ですし!」


F「(静かに)―――そう言って二人から原稿が来なかった事例を私はもう何度も知っている」


M「・・・やります」
A「がんばります・・・」

(うなだれながら連行されていく二人)
posted by hondarake at 14:10| 対談

2017年08月19日

投稿文について語ってみた件

M 「ちょっとぼんやりしてる間にホンダラケポストに投稿がいっぱい入っていたのですよ!」
F 「ぼんやりしてたんですかっ!」
M 「してないつもりだけど、結果がここにある・・・バッド(下向き矢印)。貴重なご意見をポストに入れてくれたアナタ。我々は決して読んで放っていたワケではない。読んだ後、ここに紹介するためのリアクションを考えていたのです!」
F 「・・・言い訳?」

あせあせ(飛び散る汗)
とりあえず紹介します!


P.N.昭和66年さん
オススメ本: 「日出る処の天子」 山岸涼子著
理由: この本の見所は話はもちろんのこと、話のシリアスさに比例する表紙のはっちゃけ具合。並べてシリーズの表紙を見ると面白すぎる。M氏、知ってませんか?」


M 「なんか話を振られましたねー。しかしこの投稿、その比例するはっちゃけ具合をわざわざ本当にグラフ化してくれてましたので、まずはそれをご紹介。」

DSC07587.JPG

F 「こ、こまか・・・っ(笑)」
A 「Mさん、実際のところこの本はご存じで?」
M 「お答えしましょう。確かに流行っていたのでタイトルこそ知ってますが、ごめんなさいよ未読です。だもんで早速1巻を読んでみました!あらすじをお話します!」
A 「どうぞ!」
M 「ええっと奈良時代?いわゆる聖徳太子といわれている厩戸皇子が実は不思議な力を持っていて、しかもゲイ?いや両刀?という新しい解釈の人物像のもと、厩戸皇子の妖しい魅力に振り回される蘇我馬子の視点で描かれた歴史マンガですね!」
A 「全巻並べてみました〜。表紙はどうなんでしょう?」
F 「・・・確かに並べると6巻7巻あたりが妙な雰囲気」
M 「確かにはっちゃけとるな。」


やってほしい企画: 図書館の方のシュミ全開の企画もっと見たいです。


M 「いやだ、照れますね。そんなこと言ってくれたらほんとにやりますよ?」
F 「やるんですかっ?またベルサイユのパンダを!?」
M 「同じことはもうやらない。やるなら次はね・・・」
F 「あ、いいです。次行きましょう」


ホンダラケの感想: ブログ更新増えませんか?


M 「うっ」
F 「ううっ」
A 「うううっ」

M 「ま、まぁブログネタもマンネリ化してるしね。YAコーナーに関係なくていいならネタはあふれてる気がするけど。ここらで例えば「Fちゃんの司書っぽい図書館日記」とか新しい企画を・・・よろしこるんるん
F 「・・・ちょっと待て。司書っぽいってナニ?むかっ(怒り)
A 「では次でーす。」

P.N.名無しさん
オススメ本: 「フランダースの犬」
理由: ホンダラケの名作本のところで日本で初めて訳された本を取り上げてほしい。外国の名前が日本語名になっていて、ネロ→清 パトラッシュ→ぶち ヒロイン→定 となっている。ぜひYA3人衆の感想を聞きたい。


M 「だ、そうです」
F 「日本で最初に訳された本なんて古すぎて入手不可じゃないですか?」
A 「でも古すぎるなら逆にネットで見れるかもしれませんよ?調べてみます」

・・・カタカタカタ(←Aさんの軽やかなサーチ)

A 「ありました。これじゃないですか?」
M 「む!明治41年!さすが国立国会図書館だ!」
A 「デジタル化されてる実物が読めますね!見てみましょう」

『フランダースの犬』ウィダ原著 日高柿軒訳
冒頭書き出しはこんな↓感じ。
『清(きよし)と斑(ぶち)は世に頼る陰なき寂しい身の上である。・・・以下略』


F 「おお・・・。本当だ。まさかの清。心清らかな清でしょうか」
M 「パトラッシュってぶち犬じゃない気がするけど・・・」
A 「ちなみに清のおじいさんは徳爺さんです」
M 「なんか興味わくなー。続きを読んでみましょー・・・ってあれ?」


『・・・清はまだ満更の小児であるが、斑の方はもう成年である。ふたりは生まれ落ちると間もなく一緒に起臥することヽなつた。何方も孤児の貧しい身の上で同じ人に養はれたのである。・・・以下略』


F 「読めるけど読めない」
A 「ふりがなふってありますけど、旧仮名遣いは読みにくいですね・・・。Mさんはさらっと読めたり?」
M 「昭和だけどそこまでトシじゃないわっ。でも読めないからって旧仮名遣いをネタにはできませんからねー。対談は勘弁してください。読んでやるぜ!という猛者は、国立国会図書館のHPで検索してみてねー。」


やってほしい企画: ぴったり100年前に刊行された本ばかりの展示とか。


A 「この方は古い作品がお好きなのでしょうか?100年前というと1917年。大正6年です。」
M 「大正!?その頃に出版された作品かぁ・・・?フランダースよりは新しいけど、図書館にどれだけあるかしら。」
F 「さすがに現物はないですよね。作品が全集に入ってるとかですかね?」
A 「ネットでちょっと調べたら、大正6年のベストセラーはゲーテの『若きエルテルの悲しみ』とか島崎藤村の『幼きものに』だそうです。」
F 「・・・・・・」
M 「・・・・・・」
A 「・・・100年はちょっと古すぎるから、30年とかでどうでしょう???」


ホンダラケの感想: 対談の十二国記の話が面白かったです。いつになったら完結するのか・・・。


M 「異世界モノの時の対談ですね!自分でもあのタイトルはナイスだと思ってました」
F 「作者の小野不由美先生に怒られないとイイですねっるんるん
A 「数年前に『いよいよ再開』みたいな予告を見た気がするんですけど・・・」
M 「んー・・・私が死ぬまでに完結してほしいなー。じゃないとまた変なタイトル考えちゃう」



P.N.±√3さん
オススメ本: 「王妃の帰還」 柚木麻子著
理由: 女子向けと思うんですが共感できるところがいっぱいで「あなたのために書かれた物語」という感じがします。「王妃」とは作中そう呼ばれる女の子だけでなく、すべての女性のこと、すべての女の子が「お姫様」だった頃の物語です」


M 「この本知ってるー!けどまだ読んでない。読んだ?」
A&F 「スミマセン。我々未読です」
M 「そんなこったろーと思ってあらすじを調べておきましたよ。舞台はカトリック系女子高の中等部。クラスにはスクールカーストがあり、主人公は仲良し4人組とカーストの底辺にいる。ある日とある事件をきっかけに、カーストの頂点にいた女子(王妃)が地位転落し、主人公のグループに入ってくる。底辺ながら平和を保っていた4人組は、王妃の乱入で均衡が崩れていく。このままではまずい。王妃にはあるべき地位に戻っていただこう!と4人組の奮闘が・・・。という話だそうです。」
F 「・・・スクールカーストですかー。なんか女子高っぽいですね」
M 「私の時代は「スクールカースト」という名前はなかったけど、確かに女子の派閥はあったなー。ボスのグループとか、中堅とか」
A 「ちなみにMさんはどの地位に?」
M 「私?もちろん底辺よ?目立つの嫌いだし、地味に生きてました。」
F 「(・・・嘘だ!)」
M 「何。その目は。そういうFちゃんこそ“ちゃっかりボスにくっついちゃってる系”でしょ?」
F 「失礼な!!」
A 「まぁまぁ。このお話は、女子なら一度は体験したような学校生活がリアルに書かれていて人気だそうです。ぜひ読んでみましょう・・・ね?」
M 「(ぬぅ・・・っ優等生にまとめられちゃったわ。Aさんこそきっと王妃・・・っ!)」


やってほしい企画: Mさん選定昭和本。超おもしろそうだから。
             Aさんの宇宙コーナー。フォーメーションD再び。



M 「これはどういうことか?」
F 「どうって・・・言葉通りでは?昭和の本ですよ」
M 「なんで昭和の本が面白いのよーーーっ?YA世代には古すぎて面白くないはずだけど」
F 「そこをM先輩のチョイスでですね」
M 「・・・昭和に何を期待してるんだろう?お話の中にコンビニもペットボトルも携帯も自動改札もなくて、待ち合わせで無駄にすれ違ってたり、持ち歩けなくて缶ジュースを一気に飲んだり、公衆電話を探して走り回ったりしてるのを「大変だなー」と思いながら読むだけよ?」
A 「まさにそういうのを読みたいんじゃないですか?」
M 「ええー?絶対表紙見るなり「何これダッサ」とか言って手に取ってくれないよー」
F 「そこをM先輩のチョイスでですね(2回目)」
M 「ま、まぁ前向きに考えとくわ。それより『フォーメーションD』って超懐かしくない?」
A 「ええっとちょうど2年前のホンダラケの対談でしたよね。確か『銀河英雄伝説』です」
M 「そうそう。あの時にAさんの隠れ宇宙好きが発覚したのだったわ」
A 「えっ、別に隠してませんけど・・・」
M 「あれ?隠してたんじゃないの?」
A 「ハイ。聞かれなかったから言わなかっただけで」
M&F 「 (超クール女子!) 
F 「『フォーメーションD』のことが知りたい人は、YA棚にあるホンダラケバックナンバーをご覧くださいませ」


ホンダラケの感想: Mさんの棚、ベルばらぽくて妹と「私の春風!!」とか言いながら見てました。


M 「なんかさ、貸出はあんまりなかったんだけど、棚の演出自体は好評ってことでいいのかしら?」
F 「キラキラぴかぴか(新しい)でしたからね〜。インパクト大ですよ」
M 「でも置いた本はあんまり貸出にならなかった・・・よ?もうやだ〜(悲しい顔)
F 「次はそこが課題ってことで」
A 「あの時一番貸出が出たのはFさんの棚でしたよね」
M 「みんなパンダ好きじゃないのかなぁ。可愛いのになぁ。」
F 「いやいや、パンダであることより、やはりベルばら風に心奪われてる感じですよ・・・ってどう見たってそうじゃないですか!」
M 「うんまぁベルばら好きがいっぱいいることはわかった。お手紙くれた人!ありがとう!!乙女ちっくも恥ずかしくないのが昭和生まれの強みよねー!これからも心のままに飾ります!!」
F 「なんの宣言ですか」


M 「お手紙3つ紹介したら長くなっちゃった。他にもお手紙いただいてるのでまた紹介します!みなさんのお手紙が我々チームYAの心の支え。あたたかい励まし待ってマース」
A 「YA棚のほらほらホラーな展示も大好評貸出中です。怖い本が好きな人も苦手な人もぜひ一度ご覧ください!」
DSC07989.JPG
待ってるよんモバQ

posted by hondarake at 09:00| 対談